暗黒星雲

araimitsu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 31日

俺の・好きな・塔の歌 2009年8月号

助動詞のつとぬの違ひ要するにきつねとたぬきと思ひて楽し (小林信也)
血のなかを光の通るおどろきに雲雀は高く高く鳴くのか (藤田千鶴)
明日咲かん力むりりとぼうたんの蕾立ちおり朝光の中 (青井せつ子)
乱切りの乱が許せぬ子がわが子胡瓜の白き短冊ならぶ (出奈津子)
法名の海の一字に触れたくて父の命日墓参りする (今西秀樹)
この街に娘ゐるなり頑張つて働きゐるなり会はずに帰る (大塚洋子)
でかい葉に延齢草は花一つ わたしもひとつの花になりたい (大内奈々)
鳶尾草の白き花びら風に顫ひつひに出せざる手紙のありき (安藤純代)
「はこた人形」箱入り娘のことなりて目、唇小さくはにかみている (桑田のり代)
湯たんぽの中にひとりの婆の居て笛吹きケトルに呼ばれておりぬ (本間温子)
ぶらんこが大きく後ろに振れるとき宙に抜け出す何ものかあり (加藤都志惠)
豆絞りの日本手拭配られて打ち振れといふ 領巾のごとくに (船曳弘子)
どの部屋に居ても私はばあちやんか空耳のやうに泣き声聞こゆ (朝山桃花)
夏までに如何ですかと差し出さる脱毛無料ご招待券 (石原しょう子)
老い人が憩いておりし辻の石ときおり鳥を見かけるばかり (石原しょう子)
「さよなら」と言ったとたんに繭籠るわたしのことを誰も知らない (古賀公子)
本当に私がやつた事なのか失せたる鍵は冷蔵庫の中 (古賀公子)
うるさいと小石を投げしその日より鴉に追はるる人と知り合ふ (結城綾乃)
春菊の葉の香をかぐと嫌な顔をする私の仔犬と娘の子供 (結城綾乃)
[PR]

by araimitsu | 2009-08-31 14:48 |


<< 塔大阪歌会2009年9月詠草      塔e歌会2009年8月詠草 >>