暗黒星雲

araimitsu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 14日

塔2009年7月投稿→2009年10月掲載<真中朋久選>

音符ではなくつてあれは鹿たちが寝そべつてるの若草山に
彼方から夕暮れの野を越えてきて見下ろしてゐる目のやうなもの
ひそやかに囁く声に目覚めれば五月の庭に朝の雨降る
魂を抜くとて白衣の神主が汗をふきつつ祝詞となへる
線路際の墓場に並ぶ石塔のひとつが西に傾いてゐる
繰り返し波の戻つてゆくところ足下の砂を引きさらひつつ
[PR]

by araimitsu | 2009-10-14 17:21 |


<< 俺の・好きな・塔の歌 2009...      塔山城歌会2009年10月詠草 >>