暗黒星雲

araimitsu.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 13日

「配偶する者」 塔2010年6月号特別作品<三井修選>

雲井阪ふたりで歩くおそ夏の降り止んだ午後葛切り食べに
真夜中の居間に一人で座りゐてあなたは赤い目にて振り向く
集落に秋の陽は照り白蝶の群れとぶ野辺に人の子をらず
青柿を投げつけられた沢蟹のやうに凹んでしまつた僕ら
ストーブの前に寝そべり愚痴こぼしイルカのやうに身を捩るきみ
立春の朝のあなたは寝不足で辞めるかどうかまだ迷つてる
(腰痛を治すためにも歩きたい)雨のなか傘さして付き合ふ
また今朝も暗い顔して昨晩の残りのおかず器に詰める
鼻水をすすりうつむきファッション誌膝にのせ読む早春の夜
接点を探し言葉を積み上げてまた崩されるシジフォス我は
ドラマ見つつ居眠りをする横顔にときをり浮かぶ苦悶の表情
穏当な結論だらう僕らには別れるための気力さへない
最近は徐々に仕事を辞める気になつてゐるらし決められぬまま
向かう岸をあなたは歩く真つ直ぐに こちらの岸を振り向きもせず
図書館に忘れたはずの雨傘を差してあなたは歌ひつつ来る
眼科歯科心療内科スイミングこの頃きみの通へるところ
そよ風にゆらりふうわり誘はれて春のおすすめ手長えび食ふ
[PR]

by araimitsu | 2010-06-13 15:32 |


<< 塔2010年7月掲載 <花山多...      塔2010年6月号掲載 <黒住... >>