暗黒星雲

araimitsu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 22日

毛細血管

薄暗い廊下の端の手洗いの鏡に映る在りし日の父
取り返しつかぬことのみ浮かびくる深き沼なり家族というは
父さんがその母さんにあげていたお札(さつ)が夢に貼りついていて
美術商森川はドア閉ざしおり雨に鎮もる福井あるけば
聖母像掲げる山車を引く群れが引き寄せられていく火薬庫
姉さんの白いセーター抱きしめて防虫剤の匂いにひたる
打ち寄せて崩れて返す 京都線となりに座る居眠り少女
弟の妻にもらった名刺入れ俺が誰かを忘れぬために
二階から駆け降りくればごめんねと間違い電話のすすり泣く声
なぜかって身体のことに興味あり登録したの怪しいけれど
太陽光写真に写す葉脈に似た妹の毛細血管 
てのひらとてのひら合わせみつめれば指紋認証ゾクゾクとして
明かり消し風呂に浸ればりりりりと妻をもとめるこおろぎの声
舌を見よ見つめていると誰でもがたかまってくる嫉妬がわいて
兄に会うあしたのためにコンビニの光の中へナイフを買いに
右端の棚にありますリンゴ剥く用途以外の使用不可です
ほんとうのことは書けない要注意でもなんか変むちゃむちゃ元気
また今朝も暗い顔して昨晩の残りのおかず器に詰める
ひえていく白い便器に鱗粉が描き足してある ひかり波打つ
死にたえた終着駅の八月の鏡の中に目を光らせて
[PR]

by araimitsu | 2008-09-22 14:21 |


<< 塔e歌会2008年9月詠草      塔大阪歌会詠草 2008年9月 >>