暗黒星雲

araimitsu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 30日

雲井阪

指差して確認するはこの部屋に我のほかには誰もいぬこと
真夜中にみず飲みにいくのはきらいトイレのドアがきいっとなるから
知っている音調なんだ予告なくこれを聴いたら隠しきれない
しかたなく月に刺されていっぺんで鱗はげ落ちいのちのはてに
一日のはじまりに咲く朝顔の色に染まった高い穹窿
茶を運ぶ足が乱れて絨毯にこぼしてしまった沈む横顔
トトトトと速く打つ音ゆっくりと三度打つ音ノックの違い
新聞に挟んであったていねいな文字で書かれたあしたの予定
昼休み並んで歩くきみのこと我が子のごとく自慢したくて
バーゲンのジーンズ売り場の前で待つ 買い物客の群れを眺めて
振り向いて我をみつめる黒き目の青いターバンを巻いた少女よ
雲井阪ふたりで歩くおそ夏の降り止んだ午後葛切り食べに
火薬庫に近づいていく僕たちの帽子のつばを汚す小鳥ら
体色は葉に似せている青虫も樹下に落とした糞は隠せぬ
蛍篭つるした蚊帳の裾くぐり川の字となる叶わない夢
一瞬のためらいののち振り向いて離れてゆきぬ金曜の夕に
半袖のブラウスの色一日のはじまりに咲く朝顔の色
いつのまにこんなに暗くなったのか晒しの刑が終わった広場
空よりは見知らぬ人が堕ちてくる音におおわれ声を忍んで
コピー機のそばにたたずみその熱に癒されている秋のはじめに
[PR]

by araimitsu | 2008-09-30 14:03 |


<< 俺の・好きな・塔の歌 2008年7月      塔e歌会2008年9月詠草 >>