暗黒星雲

araimitsu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 04日

さっきから

さっきから誰かがあとをつけてくるあなたのあとをつける私の
そのくらさまばらなはやし立ちしゃがみはるか深くに伸びあがるもの
うしろからおしてもらってベランダのさくからとんだかぜ切りおちる
回送の新幹線が止まってる白い車体を横で見ている
歩けない足が痛くてタンスからふくさをだして荷物にいれる
埠頭から落ちてうかんだこのみずはとても冷たい暗くなってく
赤ちゃんの写真が私を見つめてる助けてほしいほしいといってる
さあ早くよけてよあなたこのままじゃぶつかるでしょうやだな朝から
てのひらをひろげたとこにひとつぶのしずくがおちる甘いおもいで
結び目がほどけなくなりこれ以上一緒はいやと切ってしまった
かあさんの手はあたたかいのどのとこねむったふりして薄目をあける
飲み干したことの余韻はひっかかり時間を止めるお昼わたしは
ひらがなのなまえをかいたてのひらをみずにひたしてひにあててみる
真っ暗になってきたけど帰れない先島諸島というところから
何も着ずねるのはさむいどうろにはごみがおちててせなかがいたい
間違って乗ってしまったこの列車あなたの町に着くはずがない
冷房がきつすぎるからそとにでる雨がふってる傘がないのに
[PR]

by araimitsu | 2008-11-04 16:36 |


<< 塔大阪歌会2008年11月詠草      塔e歌会2008年10月詠草 >>