暗黒星雲

araimitsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 12日

かんから

001 かんからが風に飛ばされ転がって俺の先ゆく もうすぐ夜明け
002 中指の付け根の白い傷跡の痛みを思い出せないでいる宵
003 きみからの手紙待ってる土曜日の午後は掃除と洗濯をする
004 キッチンに立つたびきみを思い出す 穂村弘のファンだったきみ
005 ベランダに並んで町を見下ろして引っ越しの日の夜を待ってる
006 自転車で通うあなたに会釈され酸素が欲しい春の日の朝
007 揺れている朝のブランコ 足音が遠ざかる朝 ブランコ揺れる
008 父親になんてなりたくなかったと思ってる春 雲が流れる
009 慣れていたあの椅子がないこの部屋の赤い光が俺を拒否する
010 覚悟決め桜の下を歩いてく頬にひとひらふれた花びら
011 ベランダに並んで町を見下ろした荷物を出したからっぽの部屋
012 赤んぼが歯のない口で思い切り俺の指噛む いたいよ痛い
013 クリームの歌ったホワイトルームには一輪挿しの真っ赤な薔薇が
014 入れ墨で龍を刻んだ背中から吹いてくるのは生ぐさい風
015 海亀の秘密を知ったあなたとは生きて行けないミロソヴィッチよ
016 せせらぎは小水の音 海亀が喉が渇いて水飲み過ぎた
017 海亀も更年期にはのぼせると医学辞典に載ってるらしい
018 海亀がスカートの中もぐりこみもそもそしてるエッチな海亀
019 雨の日は唐傘さして海亀の背中で白浪五人男
020 信号で急停車した目の前を海へと急ぐ海亀家族
021 海亀の斉藤さんは美大出の才媛らしい美人じゃないけど
022 レントゲン技師の彼氏が言っていた 海亀だって肺結核に
023 結び目がほどけなくなりこれ以上一緒はいやと切ってしまった
024 牛乳をこぼしてしまって泣いているきみの涙を海亀が舐め
025 赤とんぼ稲穂の上のホバリング見えるはずない海を見ている
026 直垂の下の袴を海亀が烏帽子とともに盗んで来た朝
027 海亀の嘘だったのね三日月が光る浜辺に落ちて来たって (n
[PR]

by araimitsu | 2006-03-12 15:47
2006年 03月 04日

月夜の浜

ドクドクと脈打つ音は原人が月夜の浜で踊ったリズム (新井蜜) 
スサノオがヤマタノオロチを斬ったとき口ずさんでたラップ調和歌 (新井蜜) 
入水したオトタチバナが好きだった横笛の音(ね)に目覚める海辺 (新井蜜) 
音楽の授業は嫌いだったけどピアノのペダル踏む足が好き (新井蜜) 
教室の壁に貼られたヘンデルのふりふり袖のシャツ着てみたい (新井蜜) 
鼻ピアスした人妻が別れ際歌っていたのは白鳥の歌 (新井蜜) 
ジーンズを初めてはいた春の日に一緒に買ったBlue Suede Shoes (新井蜜) 
楽聖の故郷を歩く美少女はカンタービレにお下げ髪振る (新井蜜) 
落下する一瞬前に占めていた位置はすばやく空気が占める (新井蜜)
また春が綿雲に乗りやってきて俺の心をかき乱してる (新井蜜)
ゆったりと水をたたえる大海のきみに抱かれて漂う夕べ (新井蜜)
若草の妻も見ている十六夜の月を一人で異郷にて見る (新井蜜)
奈良公園 吉永小百合に歌われた鹿のふんならふんだんにある (新井蜜)
[PR]

by araimitsu | 2006-03-04 05:33
2006年 03月 04日

ベタンカ

夕飯に食べたステーキもたれてる 明日の夕飯お茶漬けがいい (82ベタンカ)
あの星は金星といって惑星の中で一番明るいんだよ (70ベタンカ)
給料をもらったけれど振込みでありがたいとの実感がない (73ベタンカ)
色あせた手紙が開く校庭の隅につながる秘密の通路 (65ベタンカ)
鏡台の奥にしまった一通の手紙によって生かされている (85ベタンカ)
母ちゃんに見て欲しかった学芸会 「ものぐさ太郎」の役だったのに (74ベタンカ)
教室で一人で食べるお弁当 やっぱり母ちゃん来れなかったね (82ベタンカ)
満天にきらめく星の瞬きは宇宙の奏でる愛のメロディー (75ベタンカ)
引き出しの奥から出てきた金ボタン 甘く酸っぱいあの日の思い出 (88ベタンカ)
自転車を押して一緒に帰った日 夕焼け空がだんだん暗く (77ベタンカ)
寒い朝吉永小百合の存在を励みに走る新聞少年 (80ベタンカ)
校門を入るとすぐに目に映る転校生見る鈴なりの窓 (89ベタンカ)
島を出る幼なじみを見送って涙で走る突堤の先 (79ベタンカ)
「出来るな」とお互い横目ですれ違う ここはお江戸の飯田橋上 (77ベタンカ)
大漁旗掲げて帰る父ちゃんに手を振りポチと出迎える朝 (70ベタンカ)
[PR]

by araimitsu | 2006-03-04 05:22